読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろいことからコツコツと

心に感じたことや好きなことについて書き散らします

macの外付けHDDが修羅場だった話

 

僕は仕事でmac book airを使っています。

 

mac book airにはUSBポートが2個しかついていないのですが、

外付けHDDとか、iPhoneとか、つないでるとすぐに埋まってしまうので、

この度、USBハブを購入しました。

 

f:id:kanchoko:20141024191929j:plain

黒光りするニクイやつ。

 

 

このUSBハブを使っていて事件は起きたのです。

 

外付けHDDにiPhoneに、ペンタブに、いままで交代で付けてたやつが一気に付けれて

便利だーなー(サザエさん風に)と思っていたのですが、

さらなる外付けHDDをつないだ瞬間に、最初につないでいた外付けHDDが

強制的に取り外し状態に。

「正常に取り外しができなかったのでうんたらかんたら」とかいうメッセージが表示されました。

うーん、電力不足かなーと思い、他のUSBを外してからもう一度、外付けHDDを繋ぎ直してみるのですが、

HDDがなかなか出てこない。

なんか認識しにくいのかなーと思って、macの電源を再起動してからつないでみるが

変化なし。

USBハブも外してみるけど、やっぱりHDDが出てこない。

 

なんだろー、と思って、ディスクユーティリティーを立ち上げてみると

HDDがマウントされてない状態に。

HDDってのはこのマウントってやつをしないと、mac上で認識されないんですね。

じゃあマウントすればいっか、と気楽に思ってマウントしようとすると

「エラー:マウントできません」

 

ええーーーー!!!

 

なんでだろうと思って、おそるおそる「ディスクの検証」ボタンを押すと、

 

「このディスクにはエラーがあります」

 

ぎゃーーーーーー!!!

 

 

っででででででで、でもでも、ディスクの修復をすれば修復できるようなエラーだよね。

ただ、USBの抜き差しの問題なんだし、と思いながら、「ディスクの修復」ボタンを押すと

f:id:kanchoko:20141024192523p:plain

シュウフクデキマセン

 

 

 

終わった。

終わったよパトラッシュ。

気分はもうこんな感じ。

f:id:kanchoko:20141024192609p:plain

 

仕事のデータとかもろもろ入ってるのに、こんなことで死んでしまうんですかー!

だれか助けてくださーーーーい!

 

と世界の中心で愛を叫んでみたののどうにもならず。

HDDからデータを復旧するソフトを購入しないといけないのかな、とか調べていると

こんな記事を発見。

 

macのディスクユーティリティーの修復機能は、最初から順番に修復をしていって

ちょっと問題があるとエラーで止まります。でも、次に実行した時はもっと先まで

進めるようになるので、何度も修復をすると、復活する可能性が高いです」

 

まじかーーーーー!!!

 

半信半疑でディスク修復を3度行ってみたところ。

f:id:kanchoko:20141024192844p:plain

やっったーーーーーー!

 

セーフ!!!セーフっす!

その後、マウントをしたら無事、ファイルを読み込むことができました。

 

 

いやーしかし焦りましたw

バックアップの重要性は知っていたのですが、バックアップ先が死んだらどうにもならない。。。

でも今回はディスク修復機能に助けられました。

 

 

しかし、USBハブにたくさんUSB機器をつなぐと、こうなるって

知らないと大変なことになりそうですねぇー。

次からは気をつけたいと思います。